米国で作られた乳酸菌サプリとお腹に対する負担

お通じに関する大きな悩みを抱えている方は、本当に多いです。人々はインターネットで、たまにお腹に対する悩みを投稿しています。その話を見てみると、とにかく頑固な便秘に関する悩みが多いのですね。1名や2名ではなく、相当な方々がそれでお悩みです。
ところでお通じの悩みを改善させるためには、主に2つの選択肢があります。下剤を用いるか、乳酸菌の製品を用いるかのどちらかですね。

前述の下剤の場合は、そこそこ大きな効果は見られるのです。実際私も下剤を服用した事があるのですが、確かにお通じは促進されていました。

ただあの薬剤は、体に対する負担も少々大きいと思いましたね。強制的に排便を促されている雰囲気だったので、身体に対するダメージはちょっと心配でした。

ちなみに以前にネットで調べた情報ですが、ある内科の医師の方が興味深い事をおっしゃっていたのですね。処方される薬のほとんどには、副作用があるという話です。副作用が皆無な薬は、ほぼゼロなのだそうです。ちょっとショッキングな話ですね。
薬の副作用は、個人的にはかなり心配だと思います。病気などは手術などで回復するケースが多々ありますが、副作用を解決するのはかなり難しいのです。医師の方でも、薬の副作用はお手上げと考えている事もあるので、下剤は少々心配ですね。

お腹に対してやさしいマルチプロバイオティック

ところでもう1つの乳酸菌の製品ですが、それはお腹の負担に関するメリットがあります。なぜならそのタイプの製品は、お腹に対しては負担が少なくなっているからです。

そもそもサプリメントは、全般的にお腹への負担が少なめな製品が多いですね。少なくともサプリメントは、副作用などは余り見られません。程度の問題はありますが、少なくとも薬剤などに比べれば、負担が少ないと考えられます。

現に5年くらい前も、ある女性の方が副作用が理由でマルチプロバイオティックというサプリを選んでいたのですね。その女性の方はお通じに関する問題を抱えていましたが、ある時から下剤を服用していたのです。しかしその薬はお腹に対する負担が大きかったので、ちょっと使用を控えたいと思っていました。

それでその女性はマルチプロバイオティックという乳酸菌サプリを使ったのですが、それは非常にマイルドだったようです。お腹に対する負担がなかったので、大変使いやすいサプリだと感じていたようですね。
ちなみに乳酸菌サプリは、お腹に対する負担の度合いはそれぞれ差があります。中には負担が大きなサプリもあるので、注意が必要です。しかしマルチプロバイオティックは上記のような事例が見られるので、負担が少ないサプリの1つだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です